中小企業診断士 独学

スマホで独学!働きながら中小企業診断士に合格できる勉強法
MENU

働きながらの独学合格にはスキマ時間の活用が鍵

唯一の経営コンサルタントの国家資格である中小企業診断士が人気です。2001年には10,025人だった申込者は2009年には20,000人を超えて2014年までほぼ同数で推移しています。2014年には日経新聞の記事でも取得したい資格ランキングの1位として紹介されていました。

2014年の統計情報を見ると1次試験の申込者数19,538人のうち職業が学生とその他(無職含む)を除くと16,879人になります。つまり86.3%の人は働きながら合格を目指していることになります。

あなたもご存知のように国家試験のなかでも中小企業診断士試験において学習すべてき範囲はとても広いです。1次試験ではマークシート形式で7科目(経済学・経済政策、財務会計、企業経営理論、運営管理、経営法務、経営情報システム、中小企業経営・中小企業政策)の試験を受け、2次試験では記述式の試験がテーマごとに4科目あります。

これだけ出題範囲が広い試験を働きながら独学で合格を果たすにはスキマ時間をいかに効率良く使えるか?にかかっています。合否を分けるのは毎日の数分〜数十分の時間をどう使うかに左右されるのです。そしてスキマ時間の学習効果を最大限に高めるために使うべきツールはスマートフォンです。従来はちょっとした時間があっても分厚いテキストを持ち歩いていないと勉強できませんでした。しかしスマートフォンならどこに行くにも持ち歩くので、これを使わない手はありません。

そしてスマートフォンで中小企業診断士の勉強をするための最適なサービスが通勤講座です。通勤講座は名前から連想できるように通勤時間のような隙間時間で勉強できるように設計されています。映像や音声で科目ごとに講義を受けることからチェック問題までスマートフォン一台で完結します。もちろんiphoneでもAndroidのどちらにも対応しています。

通勤時間・その他の移動時間・休み時間・カフェ・トイレ・入浴中・家事をしながら…などいろいろな隙間時間が中小企業診断士の学習時間に変わります。講座の第1回分を無料でお試しできるできるので次回の診断士試験で合格を目指す人は試してみてください。

中小企業診断士通勤講座の無料お試しはこちら

そもそも中小企業診断士は独学で合格できるのか?

中小企業診断士は難関国家資格ですが資格予備校に通学しなくても通勤講座だけで独学合格を果たしている人も一定数います。なお通勤講座の費用は予備校の6分の1程度で、書店で1次・2次の各科目の参考書や問題集を揃えるのと大きな差はありません。

1次試験の独学勉強法

中小企業診断士の1次試験は学習する範囲は広いですが、合格ライン(1科目60点)を超えるにはそれほどマニアックは知識が必要なわけではないので予備校などで講義を受けなくて十分です。

結論からいえば1次試験では暗記がものをいいます。繰り返し同じ内容を学習してきちんと暗記をすること。これが1次試験に合格するためにまず必要です。ただし前述の通り学習範囲が広いため一回り試験科目を勉強し終わって元に戻ったときにはかなり忘れているのが普通です。

記憶に定着させるには同じ内容を繰り返し学習するしかないのですが、時間の制約があるビジネスパーソンにとってはわかっていても簡単にできることではありません。だからこそ隙間時間で繰り返し学習できる仕組みが用意されている通勤講座が効果的です。

またストレート合格を果たすには1次試験の勉強中から2次試験に関連も意識する必要もあります。具体的には特に企業経営理論・財務会計・運営管理の中で2次試験に関連が深いテーマは重点的に勉強することや、2次試験で問われる形式に対応できるように覚えておくことです。

2次試験の独学勉強法

2次試験1次試験とは異なり筆記試験です。また中小企業診断士協会から模範解答等の発表がないため正解がわかりません。そのため現在に至るまで2次試験については様々な勉強方法が議論されており。資格予備校から発表される模範解答もそれぞれ解答が異なります。

基本的な方向性は、“高得点はとれなくても、どんな問題が出題されたとしても合格点の60点をとれるようにすること”です。筆記試験だからと言って独創的な解答ができる必要はなく、安定して誰にでも書ける解答ができることの方が合格率を高めます。

ただし安定して誰にでも書ける解答ができるようになるのは簡単ではありません。2次試験の事例ごとに与えられた文と設問から論理的に考える力が求められます。そのため1次試験とは異なり問題演習を繰り返すだけでは力がつきません。

通勤講座では過去問を題材にして与件分と設問から解答を導き出すまでのロジックを学べます。どんな思考プロセスで解答を導き出せば良いのかを自分の頭で考えられるようにするには適切な学習法だといえるでしょう。

中小企業診断士の独学合格を目指すなら通勤講座 / 無料体験はこちら