中小企業診断士 1次試験 独学

スマホで独学!働きながら中小企業診断士に合格できる勉強法
MENU

中小企業診断士1次試験 / スマホを使った独学勉強法記事一覧

出題の中心となるはマクロ経済学とミクロ経済学で、両分野の基本的な論点が出題されます。経済学ではグラフや数式が頻繁に登場するので特に文系の方にとっては難しく感じられることがあります。しかし中小企業診断士...

財務会計は中小企業診断士1次試験で合否を分けるだけでなく2次試験の事例Wにも直接的に関わる重要科目です。受験生には財務会計に苦手意識をもっている人も少なくありませんが、2次試験も考慮すると中小企業診断...

企業経営理論は科目名から想像できるように中小企業診断士試験を受験する人にとっては興味をもちやすい学習テーマです。しかし、興味をもちやすいことと得点のしやすさは全く別の話です。問題の文章が特徴的で選択肢...

運営管理の学習範囲は「生産管理」と「店舗・販売管理」に分かれてます。生産管理は主に工場でのものづくりについて学び、店舗販売・管理では商業施設や物流・情報システムなどについて学びます。生産管理は2次試験...

経営情報システムでは、情報技術、ソフトウェア開発、経営情報管理、情報システムのガイドライン、統計解析などを学習します。関連性のある仕事をしていたり情報処理の資格をもっている人でないと最初は馴染みがない...

中小企業診断士1次試験の経営法務は知的財産と会社法を中心に、企業関わる民法や国際取引などが出題されます。知的財産は特許権・実用新案権・商標権・著作権など、会社法は法人(企業)の設立や機関設計・組織再編...

中小企業経営・中小企業政策は科目としては2つに分かれているけれど、試験自体は一つの時間で行われるという位置づけになっています。受験する上では他の科目と同じ一つの科目と考えて構いません。中小企業経営は中...