中小企業診断士 1次試験 中小企業経営・中小企業政策

スマホで独学!働きながら中小企業診断士に合格できる勉強法
MENU

中小企業診断士1次試験 / 中小企業経営・中小企業政策の勉強法・対策

中小企業経営・中小企業政策は科目としては2つに分かれているけれど、試験自体は一つの時間で行われるという位置づけになっています。受験する上では他の科目と同じ一つの科目と考えて構いません。

中小企業経営は中小企業庁より毎年発表される中小企業白書の内容が主に出題されます。中小企業白書は中小企業を取り巻く環境・業種別の動向・支援の施策などが詳細にまとめられたものです。

注意したいのが主な出題範囲となるのは試験の前年の中小企業白書だということです。例えば2016年の試験なら2015年版の中小企業白書が主な出題対象となります。これは毎年中小企業白書が発表されるのが5月で中小企業診断士の1次試験が8月初旬にはあることから最新版の白書をもとにすると作問が間に合わないということだと思います。

なお中小企業白書は2015年版の場合で624ページもあるので隅々まで暗記するのが現実的ではありません。通勤講座など出題可能性が高い項目をまとめて解説してくれる講座を使って重要ポイントに絞った学習をしましょう。

中小企業政策は、中小企業基本法をはじめとした中小企業に関係が深い法律や支援施策が主に問われます。中小企業新事業活動促進法・下請代金支払遅延等防止法・中小ものづくり高度化法・中小企業地域資源活用促進法・農商工等連携促進法など中小企業の経営に関わる法律はたくさんあり重要性が高い施策を覚える必要があります。なお中小企業の定義など毎年必ず出題されるテーマもあるので、そのような問題を取りこぼさないことも重要です。

とにかく暗記がものをいいます。なかなか覚えられなくても諦めずに繰り返し学習して合格点を目指しまししょう。

中小企業経営・中小企業政策の対策にもおすすめ / 中小企業診断士通信講座の詳細はこちら

通勤講座で中小企業経営・中小企業政策の対策

中小企業診断士通勤講座「中小企業経営・中小企業政策」は

講座名 ビデオ / 音声講座再生時間
7-1 中小企業の動向 標準:59分、2倍速:29分
7-2 経済・社会構造の変化と小規模事業者 標準:53分、2倍速:27分
7-3 中小企業・小規模事業者が担う我が国の未来 標準:59分、2倍速:29分
7-4 政策の基本と金融サポート 標準:59分、2倍速:30分
7-5 経営基盤の強化 標準:54分、2倍速:27分
7-6 中小企業の経営安定化 標準:40分、2倍速:20分
7-7 経営革新と創業支援 標準:39分、2倍速:20分
合計 標準:334分、2倍速:167分

のような構成となっています。前述の通りすべての試験範囲を覚えるのは困難ですし学習効率が悪いです。白書などを苦労して読むよりも、中小企業経営・中小企業政策の勉強は通勤講座で解説されている範囲に限定してもしっかり暗記する方が60点以上とれる確率が高いです。

中小企業診断士 中小企業経営・中小企業政策の過去問ダウンロード

平成20年〜27年度に実施された1次試験の過去問と解答をダウンロードできます。

平成27年【問題 / 解答】 平成26年【問題 / 解答】 平成25年【問題 / 解答】 平成24年【問題 / 解答】 平成23年【問題 / 解答】 平成22年【問題 / 解答】 平成21年【問題 / 解答】 平成20年【問題 / 解答

なお通勤講座の1次2次合格コース 問題集・過去問講座つきセットなら過去問の解説もついてきます。もちろん過去問の演習にもスマートフォンやパソコンで取り組めます。

中小企業経営・中小企業政策の学習参考資料

・中小企業白書に目を通したい人中小企業庁の中小企業白書よりダウンロードできます。
・中小企業に関する施策については中小企業出版物一覧の中小企業施策利用ガイドブックよりダウンロードできます。

中小企業経営・中小企業政策の対策にもおすすめ / 中小企業診断士通信講座の詳細はこちら