中小企業診断士 1次試験 経営情報システム

スマホで独学!働きながら中小企業診断士に合格できる勉強法
MENU

中小企業診断士1次試験 / 経営情報システムの勉強法・対策

経営情報システムでは、情報技術、ソフトウェア開発、経営情報管理、情報システムのガイドライン、統計解析などを学習します。

関連性のある仕事をしていたり情報処理の資格をもっている人でないと最初は馴染みがない用語ばかりで戸惑うかもしれません。合格のためには繰り返し同じ内容を勉強して暗記するのが近道です。

なお経営情報システムは年度によって難易度の変動があり平成26年・27年は難しめの出題が目立ちました。このような場合でも学習範囲を広げ過るよりも頻出のテーマをしっかり暗記する方が得点可能性が高まります。全体の3割は全く知らない問題がでるという前提で知っている問題=基本的な出題で確実に得点できるようにしましょう。

経営情報システムの対策にもおすすめ / 中小企業診断士通信講座の詳細はこちら

通勤講座で経営情報システムの対策

中小企業診断士通勤講座「経営情報システム」は

講座名 ビデオ / 音声講座再生時間
4-1 コンピュータの基礎 標準:48分、2倍速:24分
4-2 ファイルとデータベース 標準:43分、2倍速:22分
4-3 システム構成とネットワーク 標準:67分、2倍速:33分
4-4 インターネットとセキュリティ 標準:56分、2倍速:28分
4-5 経営と情報システム 標準:86分、2倍速:43分
4-6 情報システムの開発 標準:62分、2倍速:31分
4-7 プログラム言語とwebアプリケーション 標準:44分、2倍速:22分
合計 標準:406分、2倍速:203分

のような構成となっています。概ね近年の経営情報システムの傾向に対応していると思います。

中小企業診断士 経営情報システムの過去問ダウンロード

平成20年〜27年度に実施された1次試験の過去問と解答をダウンロードできます。

平成27年【問題 / 解答】 平成26年【問題 / 解答】 平成25年【問題 / 解答】 平成24年【問題 / 解答】 平成23年【問題 / 解答】 平成22年【問題 / 解答】 平成21年【問題 / 解答】 平成20年【問題 / 解答

なお通勤講座の1次2次合格コース 問題集・過去問講座つきセットなら過去問の解説もついてきます。もちろん過去問の演習にもスマートフォンやパソコンで取り組めます。

経営情報システムの学習に役立つ一般書籍

ITパスポートや基礎情報処理技術者などのテキストは経営情報システムの学習範囲に重なります。またほぼ毎年出題される統計の出題には、統計学をテーマにした基本的な本が、最新のIT技術については「【図解】コレ1枚でわかる最新ITトレンド」が参考になるかもしれません。

ただしいずれも通勤講座で繰り返し学習して余裕がある場合だけ読めばいいでしょう。通勤講座の理解度が進まないうちから複数のテキストを読むべきではありません。

経営情報システムの対策にもおすすめ / 中小企業診断士通信講座の詳細はこちら