中小企業診断士 1次試験 財務会計

スマホで独学!働きながら中小企業診断士に合格できる勉強法
MENU

中小企業診断士1次試験 / 財務会計の勉強法・対策

財務会計は中小企業診断士1次試験で合否を分けるだけでなく2次試験の事例Wにも直接的に関わる重要科目です。受験生には財務会計に苦手意識をもっている人も少なくありませんが、2次試験も考慮すると中小企業診断士試験に合格するのは財務会計が苦手なままでは難しいと断言できます。

1次試験では制度会計と管理会計が60%程度ファイナンスが40%程度の割合で出題されています。特に管理会計については損益分岐点分析や投資の経済性計算、ファイナンスについては企業価値の算定など、1次・2次に共通する共通する頻出論点については完全に理解する必要があります。

また財務会計では科目の性質上計算問題がたくさん出題されます。1次試験では電卓が使用禁止なので問題用紙の余白で計算する必要があります。普段の学習から自分で計算して単純な計算間違いがないようにしないといけません。(※2次試験では電卓が使えます。)

財務会計の対策にもおすすめ / 中小企業診断士通信講座の詳細はこちら

通勤講座で財務会計の対策

中小企業診断士通勤講座「財務会計」は

講座名 ビデオ / 音声講座再生時間
2-1 財務諸表 標準:65分、2倍速:32分
2-2 簿記の基礎知識 標準:117分、2倍速:58分
2-3 税務・結合会計 標準:47分、2倍速:24分
2-4 キャッシュフロー計算書 標準:75分、2倍速:36分
2-5 原価計算 標準:63分、2倍速:31分
2-6 経営分析 標準:78分、2倍速:39分
2-7 投資評価 標準:44分、2倍速:22分
2-8 資本市場とコスト 標準:54分、2倍速:27分
2-9 現代のファイナンス 標準:62分、2倍速:31分
合計 標準:605分、2倍速:302分

のような構成となっています。このうち2-4〜2-8は計算が必要な問題も多いです。移動中などスマートフォンでの学習では紙に書いて計算をするのは難しいと思うので、計算問題は自宅やカフェなどで計算練習をするのをおすすめします。

また財務会計は計算問題が多いとはいえ、いろいろな“公式”や会計規則を覚える意味では暗記の要素も強いです。動画や音声と学習マップを組み合わせて覚えるべきことは効率よく暗記しましょう。

中小企業診断士 財務会計の過去問ダウンロード

平成20年〜27年度に実施された1次試験の過去問と解答をダウンロードできます。

平成27年【問題 / 解答】 平成26年【問題 / 解答】 平成25年【問題 / 解答】 平成24年【問題 / 解答】 平成23年【問題 / 解答】 平成22年【問題 / 解答】 平成21年【問題 / 解答】 平成20年【問題 / 解答

なお通勤講座の1次2次合格コース 問題集・過去問講座つきセットなら過去問の解説もついてきます。もちろん過去問の演習にもスマートフォンやパソコンで取り組めます。

中小企業診断士の財務会計に簿記は必要か?

インターネットの情報を見ていると中小企業診断士の財務会計のためには「簿記2級くらいに合格しておいた方がいい」という意見があります。もちろん簿記2級レベルの知識があれば決算処理や会計処理の出題では有利になりますが、診断士の試験のためにわざわざ簿記の試験を受けるのはあまり効率がよくないと思います。それよりは通勤講座などの教材を繰り返し学習した方が合格に近づくでしょう。合格のために遠回りの学習をすることはありません。

財務会計の対策にもおすすめ / 中小企業診断士通信講座の詳細はこちら